ガス圧接の株式会社扶桑工業は優良圧接会社に認定されております。

 
扶桑工業

ガス圧接の

 株式会社 扶桑工業 鉄筋事業部 圧接部

   お問い合わせ TEL   054−641−2003
             FAX   054−643−7365
             E-mail  fuso@kk-fuso.co.jp

HOME 会社概要 会社の特徴・工事経歴 機械事業部


(株)扶桑工業ガス圧接事業部は優良圧接会社として認定され、高度な技術
鉄筋工事知識の高さをベースに確実に皆様のニーズにお応えします。


株式会社 扶桑工業

所在地

〒426−8566
静岡県藤枝市茶町1丁目6番2号

TEL 054−641−2003
FAX 054−643−7365


A級継手圧接施工会社認定制度

A級継手圧接施工資格審査規定
1) 対象とする継手は、協会の「鉄筋のガス圧接工事標準仕様書」に適合する継手とする。
2) A級継手圧接施工会社の資格審査を申請する会社は、申請時に協会から優良圧接会社の認定を受けていなければならない。
3) 申請に必要な資料
a)会社概要と施工管理体制
b)A級継手圧接施工要領書とA級継手作業標準書
c)継手性能確認試験報告書
4) A級継手圧接施工要領書の内容
a)適用範囲(鋼種、呼び径など)
b)圧接装置
c)圧接技量資格
d)作業標準
e)管理標準
f)検査標準
5) 継手性能確認試験報告書の確認項目
a)継手性能が、協会の定めた「圧接継手性能評価基準」に合格していること
b)施工条件(鋼種、呼び径、継手作業者の資格など)
6) 継手性能確認試験報告書は、協会の技術委員会における調査研究小委員会報告書をもってこれに代えることができる。
7) 検査標準には、自主検査として、施工前技量試験と工程検査に規定が明記されていること
a)施工前技量試験の方法、合否判定は以下による
(1) A級継手の施工に従事する全ての圧接技量資格者は、工事開始前に、施工前技量試験に合格しなければならない
(2) 試験の方法と合否の判定は、「圧接継手性能評価基準3.4曲げ試験」とし、本数は3本とする
(3) 試験に使用する鉄筋は工事に使用予定鉄筋のうち最も規格強度の高い鋼種の最大径の鉄筋とする
(4) 不合格時の処置(再試験方法も含める)について明記されていること
b)行程自主検査は少なくとも以下のことを行わなければならない
(1) 自主検査の方法は、外観検査と超音波探傷検査とする
(2) 検査本数はいずれも全数とする
8) 資格の有効期間は2年
なお、優良圧接会社の認定の更新ができなかった場合、A級継手圧接施工会社の更新もできない。
社団法人 日本圧接協会発行「A級継手圧接施工会社認定制度」より抜粋

優良圧接会社




圧接のご注文は(株)扶桑工業へ !
TEL 054−641−2003
FAX 054−643−7365



HOME | 鉄筋事業部トップ | 機械事業部 |

株式会社 扶桑工業 鉄筋事業部
TEL 054−641−2003
FAX 054−643−7365

© FUSO Industries 2004